生活の必需品、布団乾燥機のメリットについて

昔、布団乾燥機をもらったことがありました。
今のタイプとほとんど同じ形でしたが、ホースに、大きな袋をつけて乾燥するのがとても不自然に思えて、そのままお蔵入りになりました。
その後は、しばらくは布団乾燥機についてほしいとも思いませんでした。
ベランダに出して、日光に当てれば問題なかったからです。
しかし、最近になり、外に干しづらい家に引っ越したので、久しぶりに布団乾燥機の出番になりました。
新しい布団乾燥機を買いましたが、昔のものとほとんど形は変わっていませんでした。
今回は説明書をしっかりと読み、説明書通りの使い方をしました。
昔と同じなので、どうして昔は不自然に思えたか不思議でなりません。
しかし、今は快適に使えています。

まるで外に干したようなフンワリ感がありながら、花粉などが付くことなく、気持ちよく就寝できます。
特に冬なら、温かいまま眠れるので湯たんぽいらずです。
梅雨でジメジメしていても布団乾燥機があれば快適です。

FLORIST(フロリスト、フォローリスト)

花屋。また、草花栽培家。生花店。草花の栽培業者。(大辞泉)

花屋(はなや、フローリスト、英: Florist, Flower Shop)は、主に切り花を販売する商店、およびその商店で働く者を指す。店舗は「生花店」とも呼ばれる。職業としての花屋は、消費者のニーズに応じたフラワーアレンジメント技術やセンス、植物の知識、冠婚葬祭の知識、いけばな(華道)の技術などが必要とされる。アルバイトにも同程度の技術が求められるため、短期のパートが雇われることは少ない[1]。また、近年はサービスを特化して、盆栽などの和風植物が中心、オーダーメイドのみを受け付け、特定の色のみを扱う品揃えなど、専門店をかまえる傾向にある[1]。 公益法人 - フラワーデザイナー資格検定試験(NFD) 国家検定  - フラワー装飾技能検定(厚生労働省) などがある。