夜の営み、抱きしめ合うことを大切に

夫婦間での夜の営みは絶対に必要であると思います。子供を作るとか作らないとかいう問題の前にお互いがお互いの体温を感じるということが夫婦の間でこそ行われるべきです。人の体温というものは無条件で人を安心させます。幼い子は母親に抱きしめられるだけで安心します。大人になれば違うという人もいると思いますが、大人になっても不安や悩みはあるし、怖いことだってあります。そんなとき抱きしめ合えるのは夫婦だけです。抱きしめ合えるということだけで、お互いがお互いの支えになっているともいえます。ですから夜の営み=セックスという考え方ももちろんあると思いますが、抱きしめるという考え方でも夜の営みは必要です。

さて、その頻度という問題になりますが、週に1回くらいがいいのではないでしょうか。なぜなら世の中1週間という単位で仕事と休みを繰り返しています。その休みという意味で、次の一週間に備えるという意味でも「一週間お疲れ様、また一週間頑張ろうね」という意味を込めて抱きしめ合えればよいのではないでしょうか。週に1回はお互いをねぎらったり、励ましたりということを言葉だけではなく自分の体温を使ってできるのが理想ではないかと思います。

現代は夜の営みが減っているとか抱きしめ合うことが少なくなっているとか言われます。それと呼応するように離婚率も増加しています。そういった現状を考えても媚薬の通販を利用してでも夜の営みや抱きしめることを大事にしてほうがよいと思います。少なくとも夜の営みや抱きしめ合うことが日常的な夫婦は離婚をするとかそんな不幸なことはないと思いますから。

毎年花粉症に悩まされている私の対策法

私は毎年花粉症に悩まされています。基本的に一年中鼻は詰まっているのですが、春はその症状がひどくなります。なので私は自分が花粉症だと思っているのですが、病院に行って確かめたわけではありません。

花粉症といっても人によってアレルギーがでる花粉は変わります。私は自分がどの花粉に反応して症状がでているか分からないので、春の季節は極力花が咲き誇っている場所には近づかないようにしています。

ですが私の住んでいる地域は木や花が多くあって、近づかないようにしようと思っても限界があります。そこで対策としてマスクをいつも着用しています。一枚では心もとない気がして、二、三枚重ねていつもつけています。通気性は悪いですが、だからこそ花粉に効果があると期待して、通気性の悪さは気にしないようにしています。

花粉症は一度でもなってしまうと治らないと聞いたことがあるので、毎年春になると対策をしなければならないと思うと気が滅入りますが、仕方がないと諦めています。